シュークリーム作りで余った白身の使い道は?

今日は、シュークリームを作りました。
子供が学校から帰ってきたらおやつとして出そうと思っています。
シュークリームもお店で買うと1個100円以上するので、家にある材料で30個のシュークリームが焼けてしまうのは、嬉しい限りです。

しかし、シュークリーム作りで、毎回、困ったなあと思う事があります。
それは、卵の白身が4個分余ってしまうということです。

シュー生地には、全卵3個使うのですが、カスタードには、卵黄しか使わないために、4個分の白身が余ってしまうのです。
そこで、ネットでいろいろ調べたら、いいアイディアが飛び込んできました。

余った白身は、美容にいいということを発見しました。
白身の成分は、高級化粧品にも使われているということなので、早速、白身洗顔をしてみました。

泡だて器でスポンジケーキを作るときの要領で、白身を泡立てます。
そして、できたメレンゲを顔に乗せます。
乾いたら、洗い流す。

この白身洗顔に卵2個分の白身を使いました。
あとの二つ分は、白身パックとして、つかいました。

白身を顔にぬり、10分置き、洗い流すだけです。
シュークリームが焼けたのと、私の顔がピカピカになったのは、ほとんど同時でした!

1 11 12 13